個人所得課税

所得税の予定納税制に新措置の創設

所得税の予定納税制度に対して、下記の措置が設けられます。
(1)災害などに関する国税通則法からの納期限などが延長され、その年分の所得税につき納めなければならない予定納税額の納期限が当該年の12月31日の後になる場合は、その期限延長の対象に含まれた予定納税額は無効とします。
(2)災害などに関する期限延長で、当該年6月15日に申告などの期限が延長されている場合は、税務署長が同日までに行うことになっている当該年分の所得税に関する予定納税額などの通知は、期限の延長で延びられた第1期分の予定納税額の納期限の1月前までに行われるものになります。しかし、延長された後の納期限がその年の12月31日の後になる場合は、この通知は必要ないものになります。
※特別農業所得人に対しても、同じ措置が設けられます。

関連記事

  1. 地方税不服申立制度の再検討
  2. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区の特…
  3. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  4. 医業継続に関する相続税・贈与税の納税猶予などの創設
  5. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  6. 外国人旅行客、消費税の免除対象を拡大
  7. 関税に対する変更事項
  8. 財政力の弱い自治体への地方法人税の再分配の見直し
PAGE TOP