平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

事業所税に関する措置の延長・廃止

1.沖縄振興特別措置法が改正されることにつれ、下記の措置が設けられます。
(1)事業革新促進・産業高度化地域における一定産業の事業用として使う施設の資産割に関する事業所税の課税標準特例措置に対し、当該の施設に設置される器具備品・機械装置の取得価額の要件に関し、その範囲に開発研究用器具備品が追加されます。
*開発研究用器具備品が含まれる措置の対象となる事業は、自然科学研究所、研究開発支援検査分析業、製造業、などになります。
(2)国際物流拠点産業集積地域の一定産業の事業用として使う施設に対する資産割の事業所税の課税標準特例措置に対して、対象となる事業に航空機整備業が追加されます。
2.消防法施行令が改正されることにつれ、新しく消防用設備などの設置の義務が生じる業所などに対し、当該の消防用設備などに対する資産割に関する事業所税の非課税措置が設けられます。
3.特定農産加工業経営改善臨時措置法が改正されることにつれ、同法から定められる承認計画にしたがって特定農産加工業者などが事業用として使う一定施設の資産割に関する事業所税の課税標準特例措置の適用の期限が1年9月、個人の事業の場合は2年に引き延びられます。
4.外国公益法人などが2013年11月30日までに始まる事業年度分の事業所税に関する当該の外国公益法人などを公益法人などとみなす措置は、適用の期限の到来をもって廃止されます。

関連記事

  1. 法人住民税法人税割税率の改正
  2. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
  3. 譲渡所得等の課税特例の範囲の見直し
  4. その他国際課税に関する変更事項
  5. 総合主義から帰属主義への変更
  6. 大法人の交際費課税の見直し
  7. その他地方税の消費課税に関する見直し事項
  8. 収用で得た代替資産に対する課税特例に新措置創設
PAGE TOP