平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

特定口座内保管上場株式などの譲渡などに関する所得計算等特例の見直し

特定口座内保管上場株式などの譲渡などを行うことに関する所得計算などの特例などに対して、特定口座に入れることが可能な上場株式などの範囲に、上場株式などの発行を行った法人などを委託者にする額数の信託契約で、その信託契約に関する信託の受託者は、対象の上場株式などを取得すると同時に、その委託者の従業員などに対して勤続年数とその他の事由を考慮して決まった基準に従って、その上場株式などの交付を行うことを定める規則に従い当該の上場株式などの交付を行うこととされているものにしたがって、当該の受託者を通じて当該の委託者の従業員などが取得した上場株式などを入れることになります。

関連記事

  1. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  2. 財形住宅貯蓄に対する非課税制度の見直し
  3. 国税不服申立制度の再検討
  4. 大法人の交際費課税の見直し
  5. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
  6. 公社債・公社債投資信託の利子の調書提出の拡大
  7. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区の特…
  8. 外国人旅行客、消費税の免除対象を拡大
PAGE TOP