平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

母子及び寡婦福祉法の改正による免税・新措置の創設

母子・寡婦福祉法が改正されることを受け、父子家庭の父などが作る同法の規定による資金の貸付けに対する文書に関して、印紙税が賦課されなくなり、地方税では改称をした後の母子・父子福祉施設などの固定資産税、事業所税、不動産取得税、都市計画税に対し、継続して非課税にする措置が設けられます。

関連記事

  1. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  2. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  3. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
  4. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  5. 居住用財産に関する様々な特例の適用創設・延長
  6. 事業承継税制の再検討
  7. 収用で得た代替資産に対する課税特例に新措置創設
  8. 事業承継制度 (2)贈与税の納税の猶予
PAGE TOP