平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

母子及び寡婦福祉法の改正による免税・新措置の創設

母子・寡婦福祉法が改正されることを受け、父子家庭の父などが作る同法の規定による資金の貸付けに対する文書に関して、印紙税が賦課されなくなり、地方税では改称をした後の母子・父子福祉施設などの固定資産税、事業所税、不動産取得税、都市計画税に対し、継続して非課税にする措置が設けられます。

関連記事

  1. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  2. 譲渡所得等の課税特例の範囲の見直し
  3. その他法人税に対する改正事項
  4. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  5. 廃止される租税特別措置など
  6. 国家戦略特区内の機械購入、税優遇策の対象に
  7. 各種租税特別措置に関する見直し
  8. 外国人旅行客、消費税の免除対象を拡大
PAGE TOP