平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

母子及び寡婦福祉法の改正による免税・新措置の創設

母子・寡婦福祉法が改正されることを受け、父子家庭の父などが作る同法の規定による資金の貸付けに対する文書に関して、印紙税が賦課されなくなり、地方税では改称をした後の母子・父子福祉施設などの固定資産税、事業所税、不動産取得税、都市計画税に対し、継続して非課税にする措置が設けられます。

関連記事

  1. 経営改革の後押し…収益力の向上が目標
  2. 予防接種法の健康被害救済給付に対して新措置の創設
  3. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  4. 譲渡所得等の課税特例の範囲の見直し
  5. その他の個人税に関する新設事項
  6. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区制度…
  7. その他の相続税や贈与税に関する租税特別措置などの延長・拡充
  8. 子供・子育て支援法の裁定による新措置の創設
PAGE TOP