平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

母子及び寡婦福祉法の改正による免税・新措置の創設

母子・寡婦福祉法が改正されることを受け、父子家庭の父などが作る同法の規定による資金の貸付けに対する文書に関して、印紙税が賦課されなくなり、地方税では改称をした後の母子・父子福祉施設などの固定資産税、事業所税、不動産取得税、都市計画税に対し、継続して非課税にする措置が設けられます。

関連記事

  1. 公社債・公社債投資信託の利子の調書提出の拡大
  2. 医業継続に関する相続税・贈与税の納税猶予などの創設
  3. 国際戦略総合特別区域での特別控除制度の適用延長
  4. 復興支援が目的である税制上の措置
  5. 不動産譲渡に関する特例に新措置を創設
  6. その他国際課税に関する変更事項
  7. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
  8. その他地方税の消費課税に関する見直し事項
PAGE TOP