平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

割引債の差益に対する源泉徴収特例の再検討

割引債の差益金額に関する源泉徴収などの特例に対し、下記の措置を設ける。
(1)対象に含まれる割引債の範囲を、利子の支払いが行われる公社債でその利率が大幅に低くなっているものの代わりに、利子の支払いが行われる公社債で発行価額が額面金額の9割以下になるものを足します。
(2)マンション建替えを円滑にするための法律の改正を前提に、支払われる割引債の償還金に対して所得税の納税義務者になる内国法人の範囲に、マンション敷地売却組合を足します。
*上の(1)の改正は、2016年1月1日から支払いがされる割引債の償還金に対して適用されます。

関連記事

  1. 財政力の弱い自治体への地方法人税の再分配の見直し
  2. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  3. 納税猶予の申請に関する補正手続など
  4. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  5. 税理士制度の再検討(2)
  6. 特定民間再開発事業の施行区域の範囲に新措置創設
  7. 国税不服申立制度の再検討
  8. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
PAGE TOP