平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大

国家公務員の退職給付水準の再検討などを目的とする国家公務員退職手当法などの一部改正が行われる法律などの施行を受け、地方公務員共済・国家公務員共済・私立学校教職員共済に新設される退職など年金給付に関する積立金に関して、他の企業年金と同じく退職年金など積立金に関する法人税対象に追加され、退職年金など積立金に対する法人税課税の停止措置の適用期限が3年に引き延びられます。

関連記事

  1. その他国税の消費課税に関する見直し事項
  2. 欠損金の繰越控除制度の再検討
  3. 医業継続に関する相続税・贈与税の納税猶予などの創設
  4. 雇用促進税制の設定
  5. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
  6. 地震防災対策用の償却資産の課税標準特別措置の適用期間延長
  7. その他租税特別措置に関する廃止・縮減事項
  8. 基金の負担金などに対する必要経費算入特例の範囲の見直し
PAGE TOP