個人所得課税

その他の個人税に関する新設事項

≪1≫「消費税率と地方消費税率の引上げとそれに伴う対応に対すること」(平成25年10月1日閣議決定)で実施することにされた「簡素な給付措置(臨時福祉給付金)」として給付をもらう給付金に対しては、個人住民税を賦課しないことになります。
≪2≫「好循環実現のための経済対策」(平成25年12月5日閣議決定)において実施することが決まった「子育て世帯に対する臨時特例給付措置」としてもらう給付金に関しては、個人住民税を賦課しないことになります。

関連記事

  1. 特定民間再開発事業の施行区域の範囲に新措置創設
  2. 景観重要建造物の税金に関する新措置の創設
  3. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
  4. 給与所得控除の再検討
  5. 一時金に対する相続税の非課税対象の拡大
  6. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  7. PE帰属所得の計算
  8. 会社法の改正による各種整備
PAGE TOP