平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

公社債・公社債投資信託の利子の調書提出の拡大

日本内の居住者などに対して支払いが行われる公社債・公社債投資信託などに関する利子などの調書に対して、その調書を同じ人に対する1回の支払ごとに書く場合は、対象の調書をその支払が確定された日の含まれる月の次の月末日までに出さなければならない特例の対象に入れることにします。
*この改正は、平成28年1月1日からに提出する調書に対し適用する。

関連記事

  1. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
  2. 地方税の自動車取得税に関する消費税の再検討
  3. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  4. 医業継続に関する相続税・贈与税の納税猶予などの創設
  5. 地域経済の活性化のための税制措置
  6. 基金の負担金などに対する必要経費算入特例の範囲の見直し
  7. 沖縄の振興に関連した税制改正‐観光地形成促進地域の特定民間観光関…
  8. 「マンション建替えの円滑化などに対する法律」の改正による新措置の…
PAGE TOP