平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

公社債・公社債投資信託の利子の調書提出の拡大

日本内の居住者などに対して支払いが行われる公社債・公社債投資信託などに関する利子などの調書に対して、その調書を同じ人に対する1回の支払ごとに書く場合は、対象の調書をその支払が確定された日の含まれる月の次の月末日までに出さなければならない特例の対象に入れることにします。
*この改正は、平成28年1月1日からに提出する調書に対し適用する。

関連記事

  1. 調書に対する新措置の創設
  2. 国内・国外間の有価証券移管に関する調書の提出
  3. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
  4. 換価の猶予の特例の創設
  5. 地震防災対策用の償却資産の課税標準特別措置の適用期間延長
  6. 相続財産に対する譲渡所得課税に新措置の創設
  7. 法人住民税法人税割税率の改正
  8. 支払調書に対する見直し
PAGE TOP