個人所得課税

国民健康封建に対する税制改正

国民健康保険税の後期高齢人支援金などの課税額に関する課税限度額が140,000円から160,000円に、介護納付金課税額に関する課税限度額が120,000円から140,000円に引き上げられます。
なお、国民健康保険税の軽減措置に対し、50パーセント軽減の対象になる世帯の軽減判定所得の算定をする時の被保険人数に世帯主を入れ、20パーセント軽減の対象になる世帯の軽減判定所得の算定をする時の被保険人数に掛けなければならない額数が現行の350,000円から450,000円に引き上げられます。
更に、旧老人保健制度の拠出金に関する費用が国民健康保険税の標準基礎課税総額に含まれて徴収を行うことにする経過措置に対し、その適用期限が3年に引き伸ばされます。

関連記事

  1. 復興支援が目的である税制上の措置
  2. 支払調書に対する見直し
  3. 難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設
  4. 公認会計士に関する資格付与の再検討
  5. その他の国税における資産課税の改正事項
  6. 登録免許税に関する租税特別措置などの創設
  7. 相続財産に対する譲渡所得課税に新措置の創設
  8. PE帰属所得の計算
PAGE TOP