平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

中小企業など協同組合法の一部改正よる一定措置の創設

(1)金融機関などが貰う利子所得などに対して源泉徴収が適用されなかったことに対し、対象に含まれる金融機関の範囲から火災共済協同組合連合会・火災共済協同組合を除くことになります。
(2)生命保険料控除の対象に含まれる共済契約の範囲に、共済協同組合連合会が結んだ生命共済契約が入ります。
(3)地震保険料控除の対象に含まれる共済契約の範囲に、火災共済協同組合が結んだ火災共済契約の代わりに、火災など共済組合が結んだ火災共済契約が入ります。
(4)道府県民税利子割の対象に含まれる利子などの支払を取扱う人の営業所などに関して、その利子などの支払を取扱う人に対して、振替口座簿に記された公社債以外の公社債の利子を支払うなどの取次ぎを行う金融機関の範囲に、火災共済協同組合連合会・火災共済協同組合の代わりに、火災などの共済組合・共済協同組合連合会が入ります。

関連記事

  1. 環境関連投資促進税制の設置
  2. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  3. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  4. 母子及び寡婦福祉法の改正による免税・新措置の創設
  5. 難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設
  6. 車体に対する消費税の再検討
  7. 廃止される租税特別措置など
  8. 中小法人の交際費課税の特例
PAGE TOP