平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

マンション建て替えの促進に関する法律改正に伴う新措置の創設

マンション建替えの円滑化等に関する法律が改正されることにつれ、認定建替事業・認定建物敷地売却で、施行者が得る区分所有権等に関する不動産取得税に対し、非課税にする措置が2年間に限り設けられ、マンション敷地売却組合の収益事業以外の事業に関する事業所税に対しては、非課税にする措置が設けられます。

関連記事

  1. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  2. 住宅取得など資金の贈与に関する贈与税の特例措置
  3. 各種登録免許税に対する租税特別措置などの延長・拡充
  4. 公社債などの受益権譲渡に関する本人確認の簡略化
  5. 納税猶予の申請に関する補正手続など
  6. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  7. その他の個人所得に関する税制改正
  8. 財形住宅貯蓄に対する非課税制度の見直し
PAGE TOP