平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

マンション建て替えの促進に関する法律改正に伴う新措置の創設

マンション建替えの円滑化等に関する法律が改正されることにつれ、認定建替事業・認定建物敷地売却で、施行者が得る区分所有権等に関する不動産取得税に対し、非課税にする措置が2年間に限り設けられ、マンション敷地売却組合の収益事業以外の事業に関する事業所税に対しては、非課税にする措置が設けられます。

関連記事

  1. 税率構造の再検討と相続税の基礎控除の引き下げなど
  2. 公害防止用設備の固定資産税の課税標準措置の適用期間が延長
  3. 基金の負担金などに対する必要経費算入特例の範囲の見直し
  4. 国民健康封建に対する税制改正
  5. 居住用財産に関する様々な特例の適用創設・延長
  6. その他廃止される都市計画税・固定資産税の措置
  7. 法人の一般の土地譲渡益に対する追加課税制度に対する新措置の創設
  8. 割引債の差益に対する源泉徴収特例の再検討
PAGE TOP