平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

農地に関する新措置の創設

農地中間管理機構が得た農地などに対し、一定期間不動産取得税の徴収を猶予し、取得した日から5年内に売却などがされた時は、当該の徴収の猶予がされた税額に関する納税義務を免除する措置と、農地の贈与をされたことで不動産取得税の納税が猶予されている人が、当該の農地を農地中間管理機構に貸し付けを行った時、当該の納税猶予が引き継がれる措置が設けられます。

関連記事

  1. 益税の縮小のための簡易課税制度の見直し
  2. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
  3. 国税不服申立制度の再検討
  4. 医業継続に関する相続税・贈与税の納税猶予などの創設
  5. 沖縄の振興に関連した税制改正‐その他の見直し・拡充
  6. その他の固定資産税・都市計画税に関する新措置
  7. 登録免許税に関する租税特別措置などの創設
  8. 所得税の予定納税制に新措置の創設
PAGE TOP