平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

廃止される租税特別措置など

下記の特別措置は、適用の期限の到来をもって廃止されます。
(1)国立公園特別保護地区など内の土地に関する相続税物納の特例
(2)新関西国際空港株式会社が移転補償事業で買い取った土地の所有権の移転登記の登録免許税の免税措置
(3)運輸施設整備支援機構・独立行政法人鉄道建設から交換で建物を得た時の登記の登録免許税の免税措置
(4)特例民法法人から認可地縁団体が得た不動産の所有権などの移転登記の登録免許税の免税措置

関連記事

  1. マンション建て替えの促進に関する法律改正に伴う新措置の創設
  2. 教育資金を一括に贈与することに関する贈与税の非課税措置
  3. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  4. PE帰属所得の計算
  5. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  6. 経営改革の後押し…収益力の向上が目標
  7. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
  8. 税率構造の再検討と相続税の基礎控除の引き下げなど
PAGE TOP