個人所得課税

難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設

児童福祉法の改正と難病の患者に対して行われる医療などに関する法律(仮称)の制定を前提に、改正後の児童福祉法の定めによる医療・難病の患者に対して行われる医療などに関する法律の定めによる医療に対して、下記の措置が設けられます。
(1)難病と小児慢性特定疾患の患者に対する医療費で支払われる金品に対して、所得税が賦課されないこととなります。
(2)難病と小児慢性特定疾患の患者に対する医療費の支給をもらう権利に対して、国税の滞納処分からの差押えが禁じられます。
(3)社会保険診療報酬の所得計算特例の適用対象に含まれる社会保険診療の範囲に、このような法律の定めによる医療が追加されます(法人税に対しても同様)。

関連記事

  1. 一時金に対する相続税の非課税対象の拡大
  2. 登録免許税に関する租税特別措置などの創設
  3. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  4. 所得拡大促進税制の条件の緩和
  5. 金融所得課税の一体化と日本版ISAの創設を拡充
  6. その他の国際課税原則の再検討事項
  7. 公社債などの受益権譲渡に関する本人確認の簡略化
  8. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
PAGE TOP