個人所得課税

児童扶養手当に対する新措置の創設

児童扶養手当法が改正されるのを前提に、公的年金給付と児童扶養手当の併給制限が再考されてからの同法の児童扶養手当に対して、継続して下記の措置が設けられます。
(1)所得税が賦課されないことになります。
(2)国税の滞納処分による差押えが禁じられます。
(3)受給人になる母が障害人などに対する少額貯蓄非課税制度の対象人に含まれます。

関連記事

  1. 金融所得課税の一体化と日本版ISAの創設を拡充
  2. 税理士制度の再検討
  3. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
  4. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
  5. 特定民間再開発事業の施行区域の範囲に新措置創設
  6. リゾート会員権売却損失、所得控除から除外に
  7. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
  8. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
PAGE TOP