個人所得課税

児童扶養手当に対する新措置の創設

児童扶養手当法が改正されるのを前提に、公的年金給付と児童扶養手当の併給制限が再考されてからの同法の児童扶養手当に対して、継続して下記の措置が設けられます。
(1)所得税が賦課されないことになります。
(2)国税の滞納処分による差押えが禁じられます。
(3)受給人になる母が障害人などに対する少額貯蓄非課税制度の対象人に含まれます。

関連記事

  1. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  2. 非課税口座の再開設・非課税管理勘定の再設定が可能に
  3. 公社債などの受益権譲渡に関する本人確認の簡略化
  4. その他租税特別措置に関する廃止・縮減事項
  5. 国家戦略特区内の機械購入、税優遇策の対象に
  6. 金融所得課税の一体化と日本版ISAの創設を拡充
  7. 基金の負担金などに対する必要経費算入特例の範囲の見直し
  8. 住宅ローンの減税の延長と拡充
PAGE TOP