個人所得課税

児童扶養手当に対する新措置の創設

児童扶養手当法が改正されるのを前提に、公的年金給付と児童扶養手当の併給制限が再考されてからの同法の児童扶養手当に対して、継続して下記の措置が設けられます。
(1)所得税が賦課されないことになります。
(2)国税の滞納処分による差押えが禁じられます。
(3)受給人になる母が障害人などに対する少額貯蓄非課税制度の対象人に含まれます。

関連記事

  1. 納税猶予の申請に関する補正手続など
  2. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
  3. 地域経済の活性化のための税制措置
  4. 国内・国外間の有価証券移管に関する調書の提出
  5. その他国際課税に関する変更事項
  6. 国税不服申立制度の再検討
  7. 各種租税特別措置に関する見直し
  8. 非課税口座の再開設・非課税管理勘定の再設定が可能に
PAGE TOP