税制カテゴリー法人課税

  1. 国際戦略総合特区に関する税制上の措置

    国際戦略総合特区の中に、地方公共団体の指定がされた事業者が、一定の規模以上の事業用の設備などを取得などを行った時、5割の特別償却(建物などは1/4)や15パーセントの税額控除(建物などは8パーセント)が可能な制度が設けられます。2011…

  2. 環境関連投資促進税制の設置

    再生可能エネルギー導入拡大・エネルギー起源二酸化炭素退出削減に相当な効果が予想される設備などを取得・…

  3. 雇用促進税制の設定

    下記の要件を満足させている青色申告法人に関して、当期内に増えた雇用保険の一般被保険者の一人当たり20…

  4. 貸倒引当金制度の再検討

    貸倒引当金の制度の対象に含まれる法人が保険会社・銀行など・中小法人に限られます。保険会社・銀行な…

  5. 欠損金の繰越控除制度の再検討

    繰越の期間が9年(改正前は7年)に延びられ、欠損金の控除の限度額が所得金額の80%になります。欠…

  6. 減価償却資産の償却率の再検討

  7. 法人税率の引き下げ

  8. 「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止

  9. 資本に関わる取引などに対する税制の再検討

  10. 農地などの相続税の納税猶予制度の整備

PAGE TOP