その他の税制

航空機燃料税の引き下げ

*2011年4月1日~2014年3月31日までの期間中に、航空機燃料税の税率を1KL当たりに1万8千円(改正前は2万6千円)となります。

*沖縄路線の航空機に入る航空機燃料の航空機燃料税の比率を、2011年4月1日~2012年3月31日(現在の沖縄振興特別措置法の期限が到来した時)までの期間内に、1KL当たり9千円(改正前は1万3千円)となります。

*特定離島路線の航空機に入る航空機燃料の航空機燃料税の税率を、2011年4月1日~2014年3月31日までの期間内に、1KL当たりに1万3500円(改正前は1万9500円)となります。

関連記事

  1. 国際戦略総合特区に関する税制上の措置
  2. 税理士制度の再検討
  3. 各種租税特別措置に関する見直し
  4. 納税猶予の申請に関する補正手続など
  5. 認定NPO法人制度の再検討
  6. 換価の猶予の特例の創設
  7. 税理士制度の再検討(2)
  8. 国税不服申立制度の再検討
PAGE TOP