その他の税制

航空機燃料税の引き下げ

*2011年4月1日~2014年3月31日までの期間中に、航空機燃料税の税率を1KL当たりに1万8千円(改正前は2万6千円)となります。

*沖縄路線の航空機に入る航空機燃料の航空機燃料税の比率を、2011年4月1日~2012年3月31日(現在の沖縄振興特別措置法の期限が到来した時)までの期間内に、1KL当たり9千円(改正前は1万3千円)となります。

*特定離島路線の航空機に入る航空機燃料の航空機燃料税の税率を、2011年4月1日~2014年3月31日までの期間内に、1KL当たりに1万3500円(改正前は1万9500円)となります。

関連記事

  1. 非居住者などがもらう振替公社債の利子などの非課税制度の拡充
  2. 消費税の免税事業者になる要件の再検討
  3. 揮発油税などの暫定税率
  4. 認定NPO法人制度の再検討
  5. それぞれの主要課税の改革の方向性
  6. 取得税の税額控除制度
  7. 認定NPO法人に関する措置の再検討
  8. 処分の理由附記
PAGE TOP